2006年01月05日

最近読んだ本

ゆったり過ごした正月に本を1冊読みました。
東京奇譚集 村上春樹 著

村上春樹の本は結構好きで、学生の頃は今より読んでました。(最近はごぶさたですケドね)
奇譚というだけあってブキミさがあります。けどこーいうの好きなんですよねえ私。序章の2ストーリーが多分実話を元にして書いているんですけど、私はどっちかというと本文よりも序章のほうが好みでしたね。
最近読書から遠ざかっていましたが、これで一気に読書熱がスイッチONされたみたい。
今一番読みたいのは「東京タワー/リリーフランキー」ですが、図書館の順番待ちが5番目なので当分無理かな。こんな田舎の図書館なのに・・。それだけ話題性あるということでしょうか。
posted by あやりえ at 23:52| 宮崎 ☁| Comment(2) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私も村上さん好きです♪
難解で、何回も読み直さないと理解できないけど(笑)
Posted by ゆう at 2006年01月06日 11:52
◆ゆうさん
最近では図書館で借りるのがお決まりですが、学生の頃は少ないおこずかいで単行本買ってましたねー。(懐かしい)
確かに難解な表現のところは何度も読み返してますよ私も!あと、いい表現に出会ったときとかも。
Posted by あやりえ at 2006年01月06日 22:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

東京奇譚集
Excerpt: あなたの近くで起こっているかもしれない物語。 奇譚(きたん)とは、不思議な、あやしい、ありそうにない話。しかしどこか、あなたの近くで起こっているかもしれない物語。話題の??
Weblog: カミノコドモタチハミナオドル
Tracked: 2006-01-18 14:56
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。